河野大臣に期待…

ベルリンに慰安婦像が建てられ、外務省が交渉し撤去されるとの記事を読みホッとしたら…

一転容認…。

そもそも現地の在外公館は何をしていたのか?ということです。

2008年のNYタイムズに「独島は我が領土」という新聞広告が出た時も、日本から国会議員が問い合わせをするまで、日本大使館は何の対応もしていません。

2012年ニュージャージー州に慰安婦像。

2014年ハワイでも慰安婦像設置の話しが出ていました。

在外公館の現地情報収集と発信は通常業務です。

韓国側は私的団体による行為として、政府が関与していないふりをしています。また、カリフォルニア州などでは私有地に少女像を設置し、日本政府からのクレームを受けにくくしています。

そう言えば河野行革大臣がつぶやいていましたね。

受付時間内に改めてメールするって『何?』

それでもインドネシア大使館は問い合わせのメールアドレスがあるからまだましですね。

日本人が多く暮らすハワイのホノルル領事館は問い合わせのメールアドレスさえ記載がありません。

だいたい今どき旅券の更新で1週間もかかるし、このご時世に緊急連絡先の番号も掲載がないし…冗談のようなことがたくさんある在外公館。

日本から赴任した外交官が乗っている車はナンバープレートに特徴がありますから、見分けられるんですよね。

『壁に耳あり障子に目あり』

河野大臣に期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です