半日で胃と大腸カメラ検査のおすすめは東京『品川胃腸肛門内視鏡クリニック』

おはようございます。

昨年、内視鏡検査で大腸ポリープが1個見つかり切除したので、今年は経過観察踏まえお世話になりました♪

今年は大腸カメラのみだったので…

当然ですが、昨年より更に早く終了!!

一時帰国で胃、大腸カメラ、内視鏡検査のおすすめは『品川胃腸肛門内視鏡クリニック』

とにかく時間が限られている一時帰国者には有難いクリニックです。

↓は2018年に胃と大腸カメラを午前中に検査し、大腸ポリープを1個切除した検記録です。

一時帰国で半日胃大腸カメラのおすすめは『品川胃腸肛門内視鏡クリニック』

今年(2019年)は補足説明しますね!

カメラ検査前日の夕方に問診と検査後、下剤(1800cc)と注意事項の書面を受取り終了!

夜20時までに食事を済ませ、21時に↑の錠剤(下剤)を服用。

予定通り朝4時頃便意を催しWCへ!

朝5時前から1800CCの下剤(ポカリに似た味)をちびちび飲み始めます。

1時間~2時間で飲み干しますが…

その間トイレに5~6回ほど座り、8時前にはなんとなく落ち着きスッキリ♪

ホテルは品プリなので、徒歩にて高輪のクリニックへ!

検査当日
09時05分 クリニック到着
09時15分 予約時間(検査着に着替え控室で待機&鎮静剤注射)
09時20分 検査開始(途中で目が覚めモニター見ながら検査)
09時55分 検査終了(2mmのポリープがあり切除&止血クリップ)
10時15分 仮眠後待合室で茶菓子とお茶
10時30分 検査結果説明
10時38分 会計終了後ホテルに戻りチェックアウト後羽田へ

時系列ではこんな感じです。

更衣室でお尻に『穴』が開いた検査着に着替えます。

意味はありませんがアロハシャツを着て行きました(笑)

更衣室隣の椅子に座り鎮静剤の注射。

一瞬落ちて目が覚めたら大腸カメラ検査が始まっていて昨年同様モニターを見ながら検査と説明。

今年は2mmのポリープがあり、切除していただきましたが…

あっと言う間に切除と出血場所にクリップ留め。

当然お腹の中の出来事なので痛みもなく終了!

リカバリールームでしばらく横になり、着替えて茶菓子と紅茶をいただき今年も無事に終了♪

通常は大事を取って1週間ほどは旅行等控えることが望ましいとのことですが、ポリープ切除後は自己責任で飛行機移動しています。

が、先生が海外からの一時帰国という事、ポリープ切除が1個だった事など考慮、配慮頂き、万が一に備え診断書を書いてくださいました。

昨年同様ありがとうございました。

今年もお陰様で予定便より早い便に乗れました。

受付スタッフ、看護師さん、ドクターとプロフェッショナルですね♪

院長先生は出張中で不在でしたが、看護師さんが覚えてくださっていたのが感動しました。

次回は菓子折りでも持って行かなきゃ(笑)

お世話になりました。

一刻も早くハワイにクリニックをオープンしてください!

お待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です