アラスカ・美食セレブリティクルーズ⑧シアトル帰港下船

クルーズ8日目

シアトル港(スミスコーブ)へ6時に帰港。

お陰様でアラスカクルーズ中は天気にも恵まれ、非日常の楽しい時間を過ごせました。

行き帰りのシアトルが一番寒かったかなぁ。

向かいにはセレブリティ親会社ロイヤルカリビアンのOvation of the Seas(オベーション・オブ・ザ・シーズ)が先に着いていました。

168,666トンで乗客定員4180人、乗組員数1500人。

さすがに大きいですね~。

という事はタクシー激戦だろうなぁ(笑)

今日はシアトル空港12時20分発の便でホノルルへ帰るのみ。

大きなバゲージは前日の22時までに客室の外に出しておくと翌朝下船後ターミナルで受け取りとなります。いわゆるバゲージダウンです。

もちろん自身(セルフ)で持って下船してもOKです。9時~10時台のフライトで移動される方はセルフですね。

下船日の流れは…

オーシャンビューカフェ等のレストランは6時~6時半にオープン。

  1. 7時20分からセルフでの下船が始まります。
  2. 8時には部屋を出て指定の待合場所で待機。(前日の新聞に掲載
  3. 7時55分から5分間隔で下船番号のアナウンスあり。
  4. 8時過ぎに5階指定のトスカングリルへ移動。(コーヒーや軽食あり)
  5. 9時頃下船し、ターミナルで荷物をピックアップ後、タクシーで空港へ。

一応、下船の順番は決められていますが、何時下船してもOKです。

そんな感じです。

下船日前日に配布されるクルーズ新聞に詳しく掲載されています。

当初1番目の7時55分の下船でしたが…

遊び心のある『空港』なら早めに行ってもいいんですが…米国内の空港はどこも同じなので、船内で時間調整することに!

1時間遅い21番目の8時55分へ変更してもらいました。

タクシーはひっきりなしにやってきますが、この時間帯に下船すれば30~40分は待つことになります。

①を先頭に②の方向へタクシー待ちの列となります。

待つのは嫌だ~という方は早い時間に下船しさっと移動。

8時半前に下船すれば待ち時間も少なくて済む感じでしたね。

最後の朝食はもちろん『オーシャンビューカフェ』

食べ納め(笑)

下船後はクルーズターミナルからシアトル空港までタクシー利用。

スミスコーブのタクシー乗り場には空港までフラットレートで$47のサインがありましたが、実際乗車したタクシーはメーターでした。

それでも$45だったので相場はそんなもんですね。

所用時間は約30分。

アラスカ航空
AS851便 シアトル12時20分 ホノルル15時35分

ホノルル空港には定刻15時35分前に到着。

無事に帰ってきました~♪

最後に紹介しきれなかったクルーズ新聞とレストランと『飲み屋』を紹介しますね~。

クルーズ新聞にはレストラン、イベント、寄港地情報など掲載。

夕方に翌日の新聞がデリバリーされます。

当日の船内イベントスケジュールが朝から深夜までびっしり!

各レストランや施設の営業時間。

寄港地観光マップもデリバリーされます♪

↑はビクトリアの観光マップです。

下船日の案内です。

5階の『Blu』

青色を基調にデザインされたレストラン内。

5階の『Silk Harvest』はアジアフュージョンレストラン。

ランチとディナー営業。

5階の『Murano』はコンテポラリーフレンチレストラン。

ランチとディナー営業。

他にも『Sushi 5』のお寿司や『Tuscan Grille』のイタリアンもあります。

スイートクラスやアクアクラスのレストランも有料ですが使えます。

しかーし、メインダイニングの食事で十分ですよ。

4階の『マティーニバー』

横の『Crush』アイスバー。

14階のスカイラウンジのバー。

14階のオーシャンビューバー。

お気に入りの15階サンセットバー♪

 

5階のワールドクラスバー。

他にもセラーマスターワインバーやカジノバー、パスポートバー、プールバーなどなどバーもたくさんあります。

クルーズ中何回も通うお気に入りのバーが見つかりますよ~♪

最後に…

何回も書いていますが

クルーズ旅行をおススメする理由。

  • 宿泊、食事、エンターテイメント付。(費用対効果が高い)
  • 朝起きたら次の寄港地(観光地)チェックイン&アウト移動の必要なし。
  • 自分のペースで旅行が出来て体が楽。(朝寝も昼寝も出来る)
  • 高齢者、車椅子利用の方も思い切り楽しめる。(スタッフも慣れている)

さぁ皆さんクルーズの旅に出掛けましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です