セレブリティ地中海クルーズ⑬バルセロナ(スペイン)下船

<クルーズ13日目>

『あー降りたくない』って毎回思うんですよね~(^^♪

下船日はオーシャンビューカフェが6時からオープンなのでサクッと食べてセルフ(荷物を持って)で下船。

通常は前日夜にバゲージの回収があり、ターミナル内のバゲージクレームで各自ピックアップとなります。

ターミナルを出てタクシー乗り場からバルセロナ空港へ。

 

 

 

本日の予定はバルセロナからヘルシンキへ。

約四時間のフライトです。

フィンエアーAY1654 BCN1015/HEL1510

バルセロナ空港ターミナル1でチェックインしてヘルシンキ(ヴァンター)空港ターミナル2に到着。

明日から旅行記最後のフィンランド編です。

セレブリティ地中海クルーズ⑫終日クルーズ

<クルーズ12日目>

ナポリを出港し今日は終日クルージングでついに明日が下船日!

下船日前の終日クルーズはゆっくり荷物のパッキングが出来たりとよく考えてあります。

今日が最後のジム!

1時間半トレッドミルでランニングのあとは

筋トレ!

シャワーを浴びて朝風呂~♪

日が昇ってきましたね~♪

サンセットバーの手前にある『ハリウッドホットグラス』では実際にガラス細工を作って販売もしています。

意外と本格的!

紹介するのが最後になりましたが、予約制でグラス作りのクラスもあります!

一回はやってみたいなぁ…次回か?

染料を少しずつ混ぜながら微妙な色合いを作り出すのって楽しそう~♪

ペーパーウエイトで$59.00

うーん…

ちと高いな!

一つ下の階に降りたら賑わってきましたね。

マストバーに逆戻りして『コロナ』を1本♪

結局出掛けることがなかった『すし5』

お寿司は日本に一時帰国した際に食べま~す(^^♪

船内では絵の販売やオークションなどもやっているんですよ~。

マストグリルで今回初の…

チーズバーガー&フレンチフライ(笑)

オニオンとマッシュルームを追加でトッピング♪

部屋に持ち帰りベランダでいただきました~^^

 

昼寝した後は最後のサウナで一汗。

サラミとハムが美味しそうだったのでついつい(笑)

ベランダでサウナ後の一杯♪

うんめぇ~(笑)

ケーキには『Thank you for sailing with us』のメッセージ。

デザートもご覧の通りかなりの種類があるんですが、如何せんお酒のおつまみ系の方が好きなのでご紹介が遅れゴメンナサイ。

14時からイギリス出身のエンターテイナー『Jayne Curry』

今回2回目のショータイム♪

会場を走り回る彼女のパフォーマンスはとってもパワフルでエネルギッシュ。

セレブリティオーケストラのメンバー♪

ついに最後の晩餐~。

ルッコラのサラダに

シーフードと豆のサラダ

オニオンスープ

ローストビーフ

NYステーキ

白身魚

ストロベリーアイスクリーム

毎回微妙に違うチョコレートケーキ

スフレ

最後のセレブリティショータイムは

『Euphoria』

歌あり、踊りあり、アクロバティックありのショーでした♪

あー毎回降りたくないと思う瞬間。

楽しかったなぁ。

来年はどこに行こうかなぁ。

最後に一杯だけ飲んで部屋に帰ろう♪

セレブリティ地中海クルーズ⑪ナポリ(イタリア)

<クルーズ11日目>

最後の寄港地はナポリ。

カンパニア州の州都でナポリ県の県都。

人口約98万人の基礎自治体でローマ、ミラノに次ぐイタリア第三の都市で、南イタリア最大の都市です。

どちらかと言えば治安のよろしくない都市にもランクインしていますが、日中の表通りはそんなことを感じることなく普通に出歩けました♪

ナポリが最後の寄港地で明日は終日クルージング。

カプリ島の『青の洞窟』にかけてみるか?

安牌のポンペイに出掛けるか?

悩む~~~~~(笑)

で、今夜は3回目の『イブニングシック』

ナポリ港に入港中に日が昇ってきました♪

こっちはポンペイ方向だな!

ジムのあとは朝風呂!

今朝は大浴場にも浸かり…

朝食前にシリアルと

朝食前にヘルシーバーとマフィンと

朝食前にヘルシー系カナッペと

朝食前にフルーツとベジタブルラップを

前菜としていただきました(笑)

えーとここは『スカイラウンジ』

午前中はイベントがない限り休憩室みたいな感じで開放されています。

バーは夕方からオープン(^^♪

ここは日当たりが良くソファーもあるし意外と穴場な場所でもあります。

とご紹介でした~。

中央のギャングウェイ(出入口)から前方と

後方を撮ってみましたが、やっぱりデカイね~♪

結局、ポンペイ遺跡の見学に出掛けました!

船を降りると現地オプショナルツアーの呼び込み攻勢が凄いんですが、そこは振り切って一番最後のデスクで料金を尋ねたところ、一人5ユーロ安かったのでここに決めました♪

オプショナルツアーと言ってもクルーズターミナルからポンペイまでの往復トランスファーサービスです。

確か30分くらいで到着だったかな。

この先にチケットブースと入場口があります。

ヴェスヴィオ山の大噴火によって噴火開始からわずか19時間で滅亡したポンペイの街。

ここはよく声が響く響く!

計算されて造られていますね。

ヨーロッパは石造り文化ですから遺跡が残っているんですよね。

火砕流によって街全体が埋もれ、1748年に本格的な発掘がスタートするまで1700年近く、その存在は地中深くに埋もれたまま。

よくここまで掘りおこしましたね。

しかしここはものすごい人出!

死者は1万人以上とされ、灰の中に埋もれた遺体は時間が経ち空洞化。

その空洞に石膏を流し込むという手法で掘り出した像はポンペイ人の石膏像として展示されています。

一通り見学を終えたので街に戻ることに。

ランチは『BELLILLO』

店内に入ってすぐの場所にピザの焼き窯。

比較的新しいお店で綺麗でしたね。

まずはローカルビールで乾杯♪

ライスコロッケは意外と大きくて半分に割ってシェア!

おっ!いける(笑)

おススメのピザを2枚オーダーしこちらもシェアして頂きました♪

食後はまたまたスーパーに立ち寄り~

いろいろと物色(笑)

恒例のプライスチェック♪

リンゴはホノルルより安い!

真っ赤で美味しそうなトマト♪

ナスもパプリカもよく育っていますね~。

オーガニック系の野菜達も安い!!

キッコーマンの醤油かと思いきや『しょうだ醤油』

パンはこんな感じで入っています。

モエは45ユーロ、ハワイが安いな(笑)

とスーパーのパトロールも無事に終えたので

乗船する前に

エクリプスの写真撮影。

今日明日は船内クレジットが残っている方でカジノは賑わうでしょうね。

カジノバーは意外と空いていて穴場(^^♪

ショッピングプロムナード♪

ディナーの前にアイスバーで軽く一杯。

今夜のメニューには『ロブスターテール』が!

日替わりメニューと点線内のクラシックメニュー(毎日固定)があり毎晩かなり悩みます(^^♪

前菜(スターター)は

スキャロップロックフェラーに

ルッコラとプロシュートのサラダ

トマトビスク

バゲット

ロブスターテール

前菜もメインもデザートも好きなだけ食べられます!

お替わり自由なんですよ~♪

アラスカ

チョコレートケーキ

カステラで甘いジャムっぽいのを巻いたデザート(笑)

センターステージではドレスアップした方が躍っていたり

ショーの前にバーのハシゴ~♪

弦楽器の音色が心地よかったので…

もう一杯(笑)

今夜は『Claire Maidin』のライブショー

彼はクルーズディレクターの『Alejandro』

まもなく開演

バックのセレブリティオーケストラの演奏もなかなか!

今夜は遅くまで賑わうだろうなぁ♪

明日はクリアランスセールで賑わうんですが

あまり買う物がない…

でも何だか楽しい(笑)

えーと今夜も宿題をありがとう♪

おやすみ~💤💤💤

セレブリティ地中海クルーズ⑩ローマ・チビタベッキア(イタリア)

<クルーズ10日目>

ローマのチビタベッキア港に寄港。

友人含め全員ローマに行ったことがあるので出掛けるか?

それとも船でのんびりするか?

悩んだ末、スーパーに買い物へ出掛けることに(笑)

なんとも贅沢な旅。

チビタベッキア駅からローマテルミニ駅まで電車で約1時間。

クルーズも残すところローマとナポリのみ!

10日目の朝一番のジム!

ご覧の通り空いています。

今朝も筋トレと1時間トレッドミルで走ったあとは…

朝風呂でスッキリ♪

朝食をしっかり摂って

出発!

クルーズ船>バスターミナル(港入口)>チビタベッキア駅。

クルーズ船からバスターミナルへはシャトルバスで移動。

バスターミナルからチビタベッキア駅には別のバス(片道2ユーロ)で移動することになります。

バスターミナルからは約10分でチビタベッキア駅に到着。

チビタベッキア駅からローマテルミニ駅の往復チケットを購入。

大人一人17ユーロ。

約1時間でテルミニ駅28番ホームに到着♪

コンコースからだと右端の奥に25~29番線があります。

かなり歩きますよ~。

ここから(コンコース)28番ホームまでは約5~10分ほどかかります。

向かう先は地下一階。

シムカードが切れたので携帯ショップで購入することに!

イギリス本社の『3シム』もありました。

相場はどこも10~20ユーロくらい。

ボーダフォンでも両替ショップでもシムカードは購入可能ですが…

イタリアでは購入時にパスポートが必要となります。

同じ地下1階にスーパーの『コナード』がありました。

ばらまき用のお土産をちょこっと購入~♪

荷物を預けて身軽になったあとはランチ。

せっかくなのでトレビの泉へ向かいご挨拶♪

想い出のレストランでランチ!

実はこのレストラン4回目なんです。

その昔初めて入店した際にウェイターのオジサンが食後に『レモンチェロ』をご馳走してくれたのが縁で立ち寄っています。

メチャクチャ美味しいわけでもないんですが(失礼)

2回目3回目も覚えていてくれて食後に『レモンチェロ』をご馳走になったので、元気かなぁと思い、逢いたくなって(笑)

店内にはお店の絵が飾られていました。

定年で退職されたのかなぁと…

ペローニで渇いた喉を潤したあとは赤ワイン♪

アテはプロシュートに

チーズピザと

ペンネをオーダーし皆でシェア。

食後にオジサンのことを尋ねてみたところ

3年前にお亡くなりになったとのこと…

すると『レモンチェロ』を運んできてくださいました。

献杯!

また来なきゃなぁ。

とそんな想い出のレストランでのランチでした。

表通りに出る途中でジェラートを味見して

通り沿いにコープがあったので

店内を

くまなく

パトロール(笑)

タクシーでテルミニ駅に向かい、荷物を受取り、チビタベッキアへ戻ってシャトルバスで船に帰りました。

ちょうどサンセット♪

ランチが軽めだったので

夕食は飛ばしました(笑)

むむむっ!

確かこのサラダは思い出深い一品だったような(笑)

バジルソースのパスタ

チキンパスタ

白身魚

ビーフ(笑)

スパイスが効いたインド系の…

チョコレートムース

イギリスのTV番組で有名になりセレブリティからオファーが舞い込んできたと話していたピアノも弾いて歌って踊れるシンガーの『Jayne Curry』♪

今夜のタオルアートは

なんだこりゃ(笑)

エイか?

また宿題だよ。

セレブリティ地中海クルーズ⑨フローレンス・リボルノ(イタリア)ピサの斜塔・フィレンツェ

<クルーズ9日目>

フローレンス(リボルノ港)へ寄港。

今日の予定は…

  1. リボルノ駅からフィレンツェ駅へ移動し街歩き。
  2. フィレンツェ駅からピサ駅に向かいピサの斜塔を見学。
  3. ピサ駅からリボルノ駅に戻り船に帰る。

ざっくりこんな予定です。

リボルノ港は貨物港兼大型客船停泊港で…

小さなタグボートが大きな貨物船を曳航している

なんともほのぼのとした光景を客室から見ることができました。

MSCってことはMSCクルーズ船の貨物船ですかね?

船尾にもタグボート!

こっちは引っ張られている感じですね(笑)

朝食後はシャトルバスとタクシーを乗り継ぎ『リボルノ駅』へ。

クルーズターミナルと言うより貨物港で、ここからは市内行きのシャトルバスに乗車し中心地で一旦下車、そこから更にタクシーで5~10分のリボルノ駅へ向かう事にしました。

シャトルバスを下車した場所ではピサとフィレンツェ行きオプショナルツアー(30~40ユーロ)のしつこい勧誘がありますが、お断りしてタクシーでリボルノ駅に向かいます。

電車で行くより安いよ~と声掛けされましたが、旅の基本は『公共交通機関利用』なのでパス。

リボルノ中央駅。時計は8時30分。

小ぢんまりした駅をイメージしていましたが意外と立派な駅舎でした。

事前にトレニタリア(イタリア鉄道)の時刻表で目星をつけていた時間帯のスクショです。

リボルノ駅からフィレンツェ駅(サンタマリアノヴェッラ)まで最速で1時間8分。

20分後の8時52分発に乗車することに。

窓口でリボルノ駅からフィレンツェ(サンタマリアノヴェッラ駅)までの往復チケット購入。(ピサ途中下車可)

一人19.80ユーロでした。

ん?タクシー代をプラスしても安い(笑)

オプショナルツアーはハイウェイ利用の『ドア to ドア』で便利なんですが、車窓から風景をのんびりと眺めながら、移動が楽しめるのはやっぱりローカル線。

何より時間に縛られず自由に動けるのがやっぱり楽♪

勘ですが…午前中ピサは混むだろうと読み、先にリボルノ駅からフィレンツェ駅に向かい帰りにピサに立ち寄ることに!

所用時間は1時間8分。

意外と空いていて楽勝で座れました♪

さて、フィレンツェは4度訪れているので…

なんとなく土地勘はあります(笑)

イタリア共和国中部にある都市でトスカーナ州の州都で、市街中心部は『フィレンツェ歴史地区』としてユネスコの世界遺産に登録されています。

駅前のサンタマリアノヴェッラ教会

ルネッサンスのフレスコ画を見ることができるドメニコ修道会の教会で、教会内にはマザッチョの『三位一体』、ギルランダイオの『洗礼者ヨハネの生涯』、ブルネレスキの『十字架像』、フロレンティン・ナルドの『最後の審判』等、見どころがたくさんあります。

ブルネレスキの『十字架像』

一般公開はされていませんが、レオナルド・ダ・ヴィンチが『モナリザ』を描いたと伝えられている『教皇の間』もこちらにあります。

一通り見学した後はドゥオーモ(大聖堂)を目指します!

フィレンツェの街はコンパクトにまとまっていますから、徒歩で街歩きが可能です♪

『花の大聖堂』という意味を持つサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂の石造ドームは直径55mあり大きさでは世界最大級です。

1296年に着工し完成は1436年。

ルネサンスの最高傑作といわれる大聖堂は140年かけて完成!

しかーし、入場待ちでものすごい行列だったのでパス(笑)

ここで携帯で連絡が取れることを確認し友人達と別行動。

再集合は船!

我々はベッキオ橋を目指します!

雨もあがってイイ感じ^^

ベッキオ橋は2階3階とあるんですよね~♪

ヴェッキオ橋(Ponte Vecchio)

イタリア語で『古い』という意味のヴェッキオ。

フィレンツェで最も古い橋で、全長241kmのアルノ川に中世以前から架かっていましたが、洪水により流され1345年に再建されました。

実際は何代目の橋なんだろうと思ったり…。

橋の両側にはアクセサリーのお店や工房が立ち並んでいます。

せっかくなので橋を往復♪

南京錠はお決まりですね~^^

味がある橋ですね。

ジェラート店も至る所に♪

ランチタイムだったので

目に留まったカフェ?で軽くと思ったけど…結構重かった(笑)

でもピザ系のパンには直ぐに手が出る(笑)

ペンネも

ラビオリも美味しそう~^^でしょ。

食べた後は駅に戻りピサへ向かいます!

フィレンツェ駅(サンタマリアノヴェッラ)からピサ駅まで最速49分。

13時発に乗車!

ピサ駅の売店で路線バスチケットを購入。

バスチケットは駅売店(Viavai)又は外(Tabacchi)70min/120min/240min/1日券がありました。

確か2ユーロだったかな。

駅前のNHホテルから赤の①番バス(LAM Rossa)に乗車し『Torre1』で下車。

ピサ駅からはバスで10~15分で到着。

おーーこれかぁ…

待ち時間なしだったので塔に上ってみました。

奥の建物にチケットブースと手荷物を預けるロッカーがあります。

ちなみに隣のお手洗いは有料です!

高さ55.86m、階段は296段、塔自体が傾いているし石の階段がかなりすり減っていて滑りやすいので気を付けましょうね!

お決まりのポーズで記念撮影も完了したところで、路線バスでピサ駅に戻ります。

ピサ駅に着いたのが15時20分。

ピサ駅からリボルノ駅まで16分。

15時32分発に乗車。

フィレンツェ満喫中の友人に現在地を確認すると…

なんと同じ電車に乗車していました(笑)

リボルノ駅で合流し、タクシーにて直接クルーズターミナルへ。

帰りは1台20ユーロでした。

夕食の前にアイスバーで軽く一杯ひっかけてメインダイニングの『ムーンライトソナタ』へ。

魚介のパスタに

ローストビーフ

クスクス料理

癖のない淡白な白身魚など各々オーダーし

デザートワン

ツー

スリー♪で満腹。

毎日悩むメニューでとっても幸せでーす(笑)

夕食後はシアターでパワフルなロックコンサート!

今夜もノリノリ♪

そして今日もあっという間の一日でした。

明日はチビタベッキア港に寄港、ローマまで電車で約1時間の場所です。

セレブリティ地中海クルーズ⑧ニース・ヴィルフランシュ(フランス)とモナコ

<クルーズ8日目>

今日はフランスのニースに寄港。

正確にはヴィルフランシュの沖合に停泊しテンダーボートで上陸します。

コート・ダジュールは南フランスの風光明媚な保養地として知られる海岸で、西のトゥーロンから東はイタリア国境までの地中海沿岸の一帯を指しています。

響きがいいですよね~『コート・ダジュール』(笑)

子供の頃『兼高かおる世界の旅』の番組を見て、このコートダジュールの単語が頭から離れなかったんですよね~。

ニースとモナコの間にある街ヴィルフランシュ。

大型船のターミナルがないので沖合に停泊し

避難用にも利用するテンダーボートに乗り換えて上陸。

定員は確か150名 意外と乗るんですよね。

セキュリティも緩い感じでした(笑)

この200~300mが目抜き通りでレストランやバーがたくさん♪

早く帰ってきたら軽く飲んでもいいかなぁ…

このサインが見えたら左に進むと

ヴィルフランシュ駅です!

この階段を上りきると駅舎があります。

先ずはバチカンと同じ公国のモナコへ向かう事に!

ちなみにモナコもニースも電車で15~20分ほどで着きます。

のどかなホームですね~。

1番ホームはモナコ方面行きで2番ホームはニース方面行き。

ヴィルフランシュ・シュル・メール駅(Gare de Villefranche sur Mer)からモナコ・モンテ・カルロ駅(Gare de Monaco Monte Carlo)までは15分。

1時間に3~4本くらい走っています。

2階建ての電車が運行していました。

これはニース行きの電車です。

モナコ駅にはたくさんの出入り口があり複雑ですよ~(笑)

2ユーロのボートに乗船し

モナコの港と

街並みをしばし見学したあとは…

公共バスに乗車し『日本庭園』へ!

グレースケリーもお気に入りだった日本庭園♪

植木は綺麗に剪定されていて、海外にある日本庭園に比べるとメンテナンスが行き届いていた感じです。

1993年12月に完成!

海とプリンセスグレース通りの間に庭園はあります♪

ご覧の通り坂道が多いので…

巡回バスに乗ったままモナコ公国内をぐるっと一周^^

モナコ宮殿へ向かいます。

残念ながら、衛兵の交代式には間に合いませんでしたが…

衛兵はちゃんと見ました。

衛兵の交代式は過去にバッキンガム宮殿と台湾の忠烈祠と中正記念堂で見学したことがありますが、一糸乱れぬ動きと凛とした姿は見ていてシビレますよね。

衛兵に選ばれる兵士って確か陸、空、海軍の選抜だと聞いたことがあります。

ちょうどランチタイムだったので

路地に入って

勘で入ったお店でランチ♪

ピザと

パスタを皆でシェアし

モナコ駅へ!

ホームに降りたら電車が入線!

停車した場所が遠くて遠くて

皆で走りました(笑)

ヴィルフランシュ駅に着くと冷え込んでいたのでご覧の通り寂しい感じ。

早目に戻ることに!

船に戻ってしばし休憩した後は…

お待ちかねの夕食♪

各テーブルにはウエイター、ウエイターのアシスタント、ソムリエの3名がアサインされていて、日を追うごとに顔、名前を覚え、親しくなり、親近感が湧いてきます♪

シーフードパスタに

リブアイステーキ

日替わりのデザートでお腹パンパン(笑)

おっ!腕上げたなぁ(笑)

初モナコは公道を走るF1レースが有名で、画像を探し出せませんでしたが、ヘアピンカーブも見る事が出来たし満足満足♪

ヨットハーバーに停泊しているヨットが大きくて豪華でビックリ!!

軽く10~20億はしそうな…というとってもセレブ~な街で目の保養になりました。

明日はイタリアのフローレンスに寄港です。

ピサの斜塔ではお決まりのポーズで写真を撮りま~す(笑)

セレブリティ地中海クルーズ⑦プロバンス・マルセイユ(フランス)

<クルーズ7日目>

今日はフランスのプロバンス(マルセイユ)へ寄港です。

クルーズ船は新港のグランド・ジョリエットに停泊します。

地中海に面したフランス最大の港湾都市マルセイユは貿易の中心として発展し続けてきた街であり、温暖で過ごしやすい気候と手付かずの自然が多く残る都市です。治安は微妙ですが…

今朝もジムで体を動かし、朝風呂に入り、ガッツリと朝食^^

デッキから見えているのはMSCクルーズの『ポエジア』9万トン。

ドック入り中でよく見たら…

パナマ運河の様に水が抜かれての点検中でした。

まぁなかなか見ることが出来ない珍しい光景だったので載せてみました。

って興味ないですよね~(笑)

クルーズターミナルは旧港から若干離れているのでタクシーで向かう事に。

旧港(Vieux Port)周辺はレストランが多く、ショッピングスポットも多いため、マルセイユ市内で最も観光客が訪れる場所です。

観光は『イフ島』のみ!

目指すは『TOINOU』海鮮レストラン♪

目の前には観覧車!

この観覧車のスピードが速いのなんの(笑)

観覧車の横にイフ島行きのチケットブースがあります。

イフ島往復と入場料込みのチケットは10ユーロ。

↑の船で15分ほどで着きます。

チケット購入後タイミングよく出港♪

ヨットハーバーを眺めながら

ヨーロッパ・地中海文明博物館(MuCEM)や

ルイ14世によって建てられたサン・ジャン要塞

サント・マリー・マジョール大聖堂など見え

イフ城(Château d’If)

フランソワ1世の命により1524~1531年に建設された要塞で

19世紀終わりまで刑務所として利用していたんですね~。

一通り見学も済み

フランスを代表する作家アレクサンドル・デュマの名作「モンテ・クリスト伯」の舞台となったイフ島の「イフ城塞」

日本語訳の本も展示されていました。

見学は1時間もあれば十分です。

目があってしまった(笑)

1時間後のボートで旧港へ帰ります。

実は毎月第一日曜日はイフ島の入場料が無料とのことで返金がありました♪

ビール代だ(笑)

目指すは海鮮レストラン^^

小雨も味がある街並み

トラムも走っていたりと動きやすい街ですね~。

と旧港から徒歩5分くらいで…

『TOINOU』発見!!

新鮮な魚介がたくさん

牡蠣も貝もエビも…

たまりませんなぁ(笑)

とりあえず海鮮プレートオーダーし様子を見ることに!

新鮮な魚介には『シャブリ』

カキは当然お替わり

カラマリは追加でオーダー

お隣さんが食べていたパスタが美味しく見えて(笑)

追加オーダー!

微妙でしたが、まぁまぁかな。

と海鮮を堪能したところで、ボチボチ帰ることに!

メリーゴーランドの横で青空市場をやっていたので

軽くご挨拶。

手作りアクセサリーや

ハンドメイドのソープや

グルテンフリーのマカロンなどもありました^^

旧港前から5名乗りタクシーを捕まえて

マルセイユ・サン・シャルル駅(Gare de Marseille Saint Charles)経由でクルーズターミナルへ。

1848年に開業した駅で階段がマルセイユ名物の一つです。

船に戻って休憩後はお待ちかねのディナー♪

ポケと酢飯

クリームペンネ

煮込みに

太麺のパスタ

あー毎日があっと言う間に過ぎていく~。

明日はニース(ヴィルフランシュ)に寄港です。

セレブリティ地中海クルーズ⑥終日クルーズ

<クルーズ6日目>

おはようございます。

今日はどこにも寄港せず終日クルージング(At Sea)

マラガを出港しマルセイユへ向かう洋上です。

よく一日中船内にいて飽きませんか?

と尋ねられますが『全く飽きません』

特に終日クルーズの日は船内イベントが盛りだくさん♪

今日は船内新聞をざっくりご紹介!

前日の夜に翌日の寄港地情報や船内イベント等記載されている新聞が客室にデリバリーされます。

↑は乗船日の新聞で天気、気温、日の出日の入りから全体スケジュールまで載っています。

太字の10月31日、11月3日、8日の3回が『イブニングシック』それ以外は『スマートカジュアル』とか。

レストラン、バー、その他施設の場所や営業時間一覧などわかりやすく載っています。

右側のページは時系列に朝から深夜までの船内イベントが掲載。

気になるイベントは蛍光ペンでマークしておくとリマインダーにもなり便利ですよ~。

↑は『ショアエクスカーション』寄港地のオプショナルツアー一覧です。

船内申し込みのオプショナルツアーは便利な部分もありますが、とっても割高と言うよりべらぼうに高いです。

ブログ主は一度も利用したことがありません^^

寄港地(現地)では基本的にローカル電車やバスなどの公共交通機関を利用し観光を楽しむことにしています。

まぁ地元密着型です(笑)

駅舎もさることながら、車窓から素晴らしい景色や生活が垣間見れるローカル線の旅は驚きや新しい発見がいっぱい♪

これぞ旅の醍醐味!

日課のジムで1時間体を動かし

ちなみにタオルもたくさんありま~す♪

ジムの後は大浴場でババンバ バンバンバン~(笑)

風呂上がりに休憩し

朝食はまたまたハラペーニョ入りオムレツと

フライドライスにちょいかけカレー!

フルーツとヨーグルトにコーヒー♪

朝から賑わっていますね〜。

お昼前にはイモ洗い状態になります(笑)

天気も良かったので船尾のサンセットバーで

朝からビール♪

気持ちよかったのでもう一本^^

ここはお気に入りの場所でもあります♪

ランチは軽めという事で…

アテに最高の揚げ物と(笑)

バランスを考えサラダをオーダー♪

セレブリティのソルティスクラス(12万トン)の船には天然芝を植えてあり寛げる場所がたくさん!

食後はベランダで

地中海を見ながら

ウトウト昼寝…

船内には前方、中央、後方にエレベーターホールがあり、かなりの数が稼働しているのでストレスなく利用できます♪

見た感じホテルのエレベーターホールっぽく見えませんか?

目が覚めてサウナで一汗かいたあとは…

15時半からミュージカル仕立てのショー

演目は『Amade』

アマデウスからとっているんでしょうね。

アクロバティックな踊りや

メガ幸子が出てきたり(笑)

カーテンコールでスタンディングオベーション♪

質の高いエンターテイメントもセレブリティクルーズならでは。

外はちょうどサンセット♪

今夜は2回目の『イブニングシック』なのでちょっとおめかし。

ディナータイム♪

白ワインとプロシュート

リブアイステーキに赤ワイン

ニョッキには赤ワインのお替わり♪

ラムだったかな確か?

しかしあっという間に時間が過ぎて行きますね。

今夜のタオルアートは…

やっと一発でわかった『白鳥』

もやもやせずに寝ることが出来るな(笑)

どれどれ明日の予定は…

セレブリティ地中海クルーズ⑤マラガ(スペイン)

<クルーズ5日目>

今日の寄港地はスペインのマラガ。

マラガはアンダルシア州マラガ県の県都。

2017年の人口は569,002人、面積は398km²でスペイン第6位の都市です。

地中海に面しリゾート地コスタ・デル・ソルの中心でもあります。

ジムは朝6時からオープンでご覧の通りこの時間は貸切状態。

1時間体を動かし

バランスボールでストレッチ!

ルーティンの朝風呂~♪

オーシャンカフェで朝食

今朝もお気に入りのハラペーニョ入りオムレツをオーダー♪

船からはシャトルバスで港入口(Plaza De La Marina)まで移動し

ホテル前に停まっていたタクシーで高台にある『ヒブラルファロ城』へ。

港入口(Plaza De La Marina)辺りから約10分ほどで着きます。

城跡からは市内が一望出来るので街をイメージしやすいですね。

この城自体は14世紀グラナダ王国時代のもの。

迷路のような城跡を見学した後は…

奥にセレブリティエクリプスが見えてますね~♪

城壁は城下の『アルカサバ』までつながっています。

下から登って来る方もいますが、楽なのは上から下へです。

途中マラゲタ闘牛場が見えたり

庭園が見えたりと

警官が馬に乗って巡回中!

約15分ほどで下ってきました♪

おっ!タクシーはプリウス。

アルカサバに到着!

共通券を購入していたのでとりあえずパトロール開始!

水の道もありました。

水源も確保されていたんですね。

アルカサバ横の『ローマ劇場』

ローマ劇場前は賑わっています♪

エル・ピンピに立ち寄り軽く一杯♪

タコとオリーブをアテに白ワイン♪

カルシウム不足を補うために『きびなご』のから揚げをオーダー(笑)

ピカソ美術館は長蛇の列だったのでスキップ(笑)

食後の運動がてら街歩き!

アンダルシアで2番目に高いカテドラル。

街中は人・人・人

街にはカフェやバーなどたくさん!

大聖堂ものぞいたところで…

次なる目的地へ

夜のイルミネーションは綺麗でしょうね~。

バーバーショップは12ユーロ、メンバーは10ユーロ。

ホノルルでの行きつけバーバーショップは14ドル…

あまり変わらないなぁと独り言をつぶやき…

市場に到着♪

賑わっていますね~。

ガーリックやオリーブ系の量り売りや

果物、野菜などかなりの品数と店舗数…

まさに台所ですね~。

鮮魚店ではサーモンさばき中!

右手にはマテ貝。

精肉店にはオックステールもありますね~♪

市場の奥にはちょいと一杯飲み屋があったので軽めに一杯だけ(笑)

なんとなーく観光も終えたので戻ることに。

この画像に客室が写っていますね~。

やっぱりベランダも広いよなぁ♪

間近で見るとやっぱり大きい!

昼寝の後はお待ちかねのディナー。

前菜はスープ系をオーダー

5名で食事していますから、テーブルの上は色とりどりで賑やかです(笑)

確かクラブコロッケだったような…

記憶が曖昧になってきた(笑)

煮込み風のリブは柔らかく

表面がパリッとした白身魚もなかなか!

ローストビーフに

デザートで〆

今夜のショーは大人の聴かせるミュージック♪

明日は6日目で終日クルージング。

早過ぎる~(笑)

セレブリティ地中海クルーズ④ジブラルタル(イギリス領)イベリア半島

<クルーズ4日目>

イギリス領のジブラルタルへ寄港。

ジブラルタル(英国領)は6.8キロ平米に約34,571名(2017年)が暮らしています。

イベリア半島の南東端でアフリカ大陸モロッコまでは海峡を挟んで14Km。

日課のジムで体を動かし

朝風呂~♪

今朝はハラペーニョ入りピリ辛オムレツをオーダー♪

オムレツに初めてハラペーニョをトッピング~

これがなかなか!

食事はバランスよく!

ヨーグルトとブルーベリー多めのフルーツもしっかり摂る♪

10時頃寄港地のジブラルタルが近づいてきました~♪

あれが有名なジブラルタル空港の滑走路!

領土が6.8キロ平方。

半分ほど占める岩山があり、その周りに住宅地…

滑走路もこの場所に作るしかなかったんですね。

地図左手の細長いのが滑走路で滑走路を越えるとボーダー(国境)

クルーズターミナルから街まではシャトルバスを利用。

往復で6ユーロ。

まずはジブラルタル空港の名物滑走路とスペインへの国境越え♪

只今、ジブラルタル空港滑走路を徒歩にて横断中♪

ここはちょうど滑走路の真ん中です!

ジブラルタル側のモニュメント。

上と下の画像って似ていますよね。

こんな感じで車もバイクもバスも歩行者も滑走路を横断♪

せっかくなので歩いてジブラルタル(イギリス領)からスペインへ国境越え!

パスポートチェックもなくすんなり入国(笑)

2分後にはスペインからジブラルタル(イギリス領)へ戻りました。

イギリスを感じる電話ボックス。

公衆電話は使えます!!

次なる目的地は『ザ・ロック』

プルデンシャル保険のロゴマークにも使われている岩山。

一旦公共バスに乗って中心地へ戻り

滑走路を横断中~♪

ロープウェイ利用で岩山(ザ・ロック』の頂上へ。

実はロープウェイは滅茶苦茶混んでいて何と2時間待ちでした。

セレブリティエクリプスも滑走路の端も見えていますね。

20名くらい乗車できる大きさのロープウェイです。

アフリカ大陸モロッコ辺りがうっすらと見えました♪

法律で保護されている名物の『サル』

アフリカ大陸もサルも見れたし(笑)

中心地へ公共バスで戻り軽く一杯飲もうかと思ったけど…

冷え込んできたので船に戻ります。

19時頃から夕食。

スマートカジュアルなのでデニムとボタンダウンシャツ♪

お魚と温野菜は味見~♪

メインはチキンとショートパスタ!

今夜のショーは『JOHN & PAUL』

ビートルズのトリビュートショーを満喫~♪

部屋に戻ると恒例のタオルアート…

う~ん…

これは…

いったい…

なんなんだ…

ヤギか?

と毎回宿題を与えてくれるタオルアート(笑)

どうもありがとう♪