セレブリティ地中海クルーズ⑧ニース・ヴィルフランシュ(フランス)とモナコ

<クルーズ8日目>

今日はフランスのニースに寄港。

正確にはヴィルフランシュの沖合に停泊しテンダーボートで上陸します。

コート・ダジュールは南フランスの風光明媚な保養地として知られる海岸で、西のトゥーロンから東はイタリア国境までの地中海沿岸の一帯を指しています。

響きがいいですよね~『コート・ダジュール』(笑)

子供の頃『兼高かおる世界の旅』の番組を見て、このコートダジュールの単語が頭から離れなかったんですよね~。

ニースとモナコの間にある街ヴィルフランシュ。

大型船のターミナルがないので沖合に停泊し

避難用にも利用するテンダーボートに乗り換えて上陸。

定員は確か150名 意外と乗るんですよね。

セキュリティも緩い感じでした(笑)

この200~300mが目抜き通りでレストランやバーがたくさん♪

早く帰ってきたら軽く飲んでもいいかなぁ…

このサインが見えたら左に進むと

ヴィルフランシュ駅です!

この階段を上りきると駅舎があります。

先ずはバチカンと同じ公国のモナコへ向かう事に!

ちなみにモナコもニースも電車で15~20分ほどで着きます。

のどかなホームですね~。

1番ホームはモナコ方面行きで2番ホームはニース方面行き。

ヴィルフランシュ・シュル・メール駅(Gare de Villefranche sur Mer)からモナコ・モンテ・カルロ駅(Gare de Monaco Monte Carlo)までは15分。

1時間に3~4本くらい走っています。

2階建ての電車が運行していました。

これはニース行きの電車です。

モナコ駅にはたくさんの出入り口があり複雑ですよ~(笑)

2ユーロのボートに乗船し

モナコの港と

街並みをしばし見学したあとは…

公共バスに乗車し『日本庭園』へ!

グレースケリーもお気に入りだった日本庭園♪

植木は綺麗に剪定されていて、海外にある日本庭園に比べるとメンテナンスが行き届いていた感じです。

1993年12月に完成!

海とプリンセスグレース通りの間に庭園はあります♪

ご覧の通り坂道が多いので…

巡回バスに乗ったままモナコ公国内をぐるっと一周^^

モナコ宮殿へ向かいます。

残念ながら、衛兵の交代式には間に合いませんでしたが…

衛兵はちゃんと見ました。

衛兵の交代式は過去にバッキンガム宮殿と台湾の忠烈祠と中正記念堂で見学したことがありますが、一糸乱れぬ動きと凛とした姿は見ていてシビレますよね。

衛兵に選ばれる兵士って確か陸、空、海軍の選抜だと聞いたことがあります。

ちょうどランチタイムだったので

路地に入って

勘で入ったお店でランチ♪

ピザと

パスタを皆でシェアし

モナコ駅へ!

ホームに降りたら電車が入線!

停車した場所が遠くて遠くて

皆で走りました(笑)

ヴィルフランシュ駅に着くと冷え込んでいたのでご覧の通り寂しい感じ。

早目に戻ることに!

船に戻ってしばし休憩した後は…

お待ちかねの夕食♪

各テーブルにはウエイター、ウエイターのアシスタント、ソムリエの3名がアサインされていて、日を追うごとに顔、名前を覚え、親しくなり、親近感が湧いてきます♪

シーフードパスタに

リブアイステーキ

日替わりのデザートでお腹パンパン(笑)

おっ!腕上げたなぁ(笑)

初モナコは公道を走るF1レースが有名で、画像を探し出せませんでしたが、ヘアピンカーブも見る事が出来たし満足満足♪

ヨットハーバーに停泊しているヨットが大きくて豪華でビックリ!!

軽く10~20億はしそうな…というとってもセレブ~な街で目の保養になりました。

明日はイタリアのフローレンスに寄港です。

ピサの斜塔ではお決まりのポーズで写真を撮りま~す(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です