セレブリティ地中海クルーズ⑦プロバンス・マルセイユ(フランス)

<クルーズ7日目>

今日はフランスのプロバンス(マルセイユ)へ寄港です。

クルーズ船は新港のグランド・ジョリエットに停泊します。

地中海に面したフランス最大の港湾都市マルセイユは貿易の中心として発展し続けてきた街であり、温暖で過ごしやすい気候と手付かずの自然が多く残る都市です。治安は微妙ですが…

今朝もジムで体を動かし、朝風呂に入り、ガッツリと朝食^^

デッキから見えているのはMSCクルーズの『ポエジア』9万トン。

ドック入り中でよく見たら…

パナマ運河の様に水が抜かれての点検中でした。

まぁなかなか見ることが出来ない珍しい光景だったので載せてみました。

って興味ないですよね~(笑)

クルーズターミナルは旧港から若干離れているのでタクシーで向かう事に。

旧港(Vieux Port)周辺はレストランが多く、ショッピングスポットも多いため、マルセイユ市内で最も観光客が訪れる場所です。

観光は『イフ島』のみ!

目指すは『TOINOU』海鮮レストラン♪

目の前には観覧車!

この観覧車のスピードが速いのなんの(笑)

観覧車の横にイフ島行きのチケットブースがあります。

イフ島往復と入場料込みのチケットは10ユーロ。

↑の船で15分ほどで着きます。

チケット購入後タイミングよく出港♪

ヨットハーバーを眺めながら

ヨーロッパ・地中海文明博物館(MuCEM)や

ルイ14世によって建てられたサン・ジャン要塞

サント・マリー・マジョール大聖堂など見え

イフ城(Château d’If)

フランソワ1世の命により1524~1531年に建設された要塞で

19世紀終わりまで刑務所として利用していたんですね~。

一通り見学も済み

フランスを代表する作家アレクサンドル・デュマの名作「モンテ・クリスト伯」の舞台となったイフ島の「イフ城塞」

日本語訳の本も展示されていました。

見学は1時間もあれば十分です。

目があってしまった(笑)

1時間後のボートで旧港へ帰ります。

実は毎月第一日曜日はイフ島の入場料が無料とのことで返金がありました♪

ビール代だ(笑)

目指すは海鮮レストラン^^

小雨も味がある街並み

トラムも走っていたりと動きやすい街ですね~。

と旧港から徒歩5分くらいで…

『TOINOU』発見!!

新鮮な魚介がたくさん

牡蠣も貝もエビも…

たまりませんなぁ(笑)

とりあえず海鮮プレートオーダーし様子を見ることに!

新鮮な魚介には『シャブリ』

カキは当然お替わり

カラマリは追加でオーダー

お隣さんが食べていたパスタが美味しく見えて(笑)

追加オーダー!

微妙でしたが、まぁまぁかな。

と海鮮を堪能したところで、ボチボチ帰ることに!

メリーゴーランドの横で青空市場をやっていたので

軽くご挨拶。

手作りアクセサリーや

ハンドメイドのソープや

グルテンフリーのマカロンなどもありました^^

旧港前から5名乗りタクシーを捕まえて

マルセイユ・サン・シャルル駅(Gare de Marseille Saint Charles)経由でクルーズターミナルへ。

1848年に開業した駅で階段がマルセイユ名物の一つです。

船に戻って休憩後はお待ちかねのディナー♪

ポケと酢飯

クリームペンネ

煮込みに

太麺のパスタ

あー毎日があっと言う間に過ぎていく~。

明日はニース(ヴィルフランシュ)に寄港です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です